ニートで引きこもっている25歳男性のオススメのゲームを紹介 まだ評価がありません

私は現在25歳で、今年で26歳になります。小学校~高校(全日制)まで不登校でした。

 

大学は通信制の心理学科に入りましたが単位を取れず、また費用のこともあり中途退学いたしました。

 

そこからは完全に空白期間で、バイト等を探しつつも応募の前に怖気づいてしまいずるずると引きこもり・ニートの生活をしています。

ニートになったきっかけは不登校からの引きこもり

きっかけは、不登校からの流れというのもありますがメンタル的に気にしすぎるところがあり、あれこれ考えていると動けなくなってしまい、そのまま引きこもり・ニートの生活を続けてしまっています。

 

学生時代、不登校の時に自分と向き合えず逃げてばかりで、高校は卒業できましたが、ただ卒業しただけで内面的な成長はできずに終わってしまったと今は後悔しています。

 

大学は通信制で、自宅で勉強をしてたまにあるスクーリングに通うというシステムでしたが、勉強も進まず自宅から電車で2時間の場所にあり疲れるという意味でも通えず、結局単位もとれず中退しました。

 

そこからはたまに日用品などを買いに近所のコンビニやドラッグストアに行く程度の外出になっていきました。

 

2年ほど前に、足の指にけがをしてしまい一時期靴を履いて歩くと痛かったので家の中に引きこもりがちになり、今は痛みはある程度改善されましたが、引きこもりから抜け出せずにいます。

 

人間関係も苦手なところがあり、うまく周りに溶け込めないことも多く仕事をしてもそこら辺の人間関係がうまくいくかが不安でいつも応募をためらってしまいます。

 

また、潔癖症(手を何度も洗ったり不潔なものが怖いというレベルのもの)で、外に出て帰ってきたときの強迫観念(ばい菌がついてる等)からそれを打ち消す行動(手を洗ったり足を洗ったり等)をしないと安心できないというところがあります。

 

疲れて帰ってきたときのことを考えると精神的にも肉体的にもきつくなり、外出を控えるようになりました。

ニートで実家で引きこもっているので生活費はかからない

生活費は実家暮らしなので家賃などかかりませんし、水道光熱費なども負担していません。というか働いてもいないので負担できません。

 

父親が働いていた時はその給料とボーナス、現在は退職したため年金(40万ほど)で生活しています。

 

貯金は、親もなかなか貯金ができない方なので貯金できていません。親が退職後もある程度年金をもらっているので生活できてはいます。

 

しかし、親が亡くなってしまった時のことを考えるとどうなるんだろうなんて考えてしまいます。

 

ただ、考えても答えは出ず、どうしようもないとしか思わないのでとりあえず考えるのを止めてゲームをしています。

 

最近の趣味はアメーバピグというゲームをやることです。無料でできるので毎日やっています。

ニートで引きこもりな私のハマったゲームを紹介

ハマったゲームですが、「アメーバピグ」というサイバーエージェントが運営しているアバターゲームで、仮想空間で他者とコミュニケーションをとったり様々なゲーム(シミュレーション等)に参加できるオンラインゲームにハマっています。

 

今年の12月にピグのサービスが終了してしまうのがすごく残念なのですが、ピグの中の「ピグライフ」という庭づくりを楽しむゲームが中でも好きです。

 

「アメーバピグ」や「ピグライフ」を通じて画面越しではありますが他者と交流をしてスカイプで連絡を取るほど仲良くなったり、また自分の部屋や庭を模様替えしてそれが楽しかったりして、ただのゲームというよりはもうひとつの自分の世界のように思っています。

 

「ピグライフ」の模様替えを自分のブログに月イチで紹介したり、それも趣味のようになりました。

 

模様替えをするためにゲーム内のイベントをなるべく無課金で取りたいものを取れるように頑張って、季節ごとに自分の中でテーマを決めて模様替えをするというのが結構楽しかったりもします。

 

また、「アメーバピグ」の中に音楽フロアという他者と好きな音楽を共有できる場所があって、他の人が開いたフロアに遊びに行ったり、自分でフロアを作ったりして同じ音楽が好きな人と交流ができて、そこから仲良くなって友達になって、自分にとってはゲームといえども有意義な場所だと思っています。

 

あとは、趣味といっていいのかわかりませんがネットの画像検索やオンラインショップなどで気になるグルメやファッションを検索して、いつか食べたい・着てみたいと空想してモチベーションをなんとか上げようと、ある意味あがいています。

ニートで引きこもっている方にオススメのゲームはこれ!

やっぱり引きこもっていても人との交流は大事だと思うので、オンライン上で他者と交流ができ時には人に協力したりもできる「アメーバピグ」等の仮想空間系のゲームはおススメです。

 

引きこもりでニートという自分の現状はリアルで生活していたらあまりさらけ出すことはできません。

 

しかし、オンラインの仮想空間だからこそ同じ境遇・悩みを抱えてる人も、またその悩みや不安を聞いてくれる人もたくさんいて、そこでしか話せないこともきっとあります。

 

ネットのゲームは世間ではいろいろと言われていますが上手に使えば逆に自分の世界観が広がるツールだと思っています。

 

そして、普通に生活していたらなかなか同じ趣味や好きな音楽が合う人が見つからない人にもおススメできます。

 

「ピグライフ」等のようなシミュレーションゲームも趣味の一つとしてやっていれば、模様替え(現実で例えたらガーデニングなど)をネット上で楽しむことができます。

 

引きこもりだけどガーデニングとかそういった趣味を持ってみたいと思う人には、創作意欲的な意味での最初の一歩としてもおススメできると思います。

 

あとは、イラストを下手でもいいから描いてみたりしたら気分転換にもなって良いと思います。

 

イラストなら紙とペンがあればもちろん描けますが、パソコンでもイラストを描くツールがあるし、サイト等に上げれば自分のイラストを他の人に見てもらうこともできて、そこで評価されたら自信もつくしおススメです。

この人の意見はどう思いますか?評価して?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です