ニート期間中ゲーム三昧だった39歳女性のオススメのゲームを紹介 まだ評価がありません

私は39歳の専業主婦です。静岡から北海道に嫁ぎました。子供はいません。主婦になる以前は雑貨・衣類販売、パソコンインストラクター、ゲーム・CD販売員などをアルバイト・パート形態でしていました。

 

ただ、途中で車にはねられる事故に遭ってからは、一日八時間の労働が体力的に無理になり、在宅での記事ライティング程度が収入源になっている状態です。

 

私がニートをしていた期間は1年2か月です。その間の生活などについて紹介させていただきます。

ニートになったきっかけは会社の経営不振

雑貨・衣類を販売するアルバイトを4年近くしていました。仕事にも慣れてきており固定のお客様もいたのですが、親会社の経営が悪化。

 

どんどんバイトの数が減らされてゆき、私は若いスタッフに比べて体調がすぐれない時があるからという理由で、クビを言い渡されました。

 

業務内容はとても好きだったため勤務を続けたかったのですが、限界ギリギリの人数でシフトを回すことになり、あなたが倒れたら周囲に迷惑もかかるからと上司に強く言われてしまいました。

 

結果、会社都合での退職という形で離職。私より経験の浅いスタッフだけが残ることになりました。

 

非常にスタッフ同士の仲がいい会社だったので、親会社の経営が悪くならなかったらという悔しい気持ちがあります。

 

すぐに仕事を探そうかとも思いましたが、辞めた仕事が販売業でなかなか休みがなかったので、少し休んでも良いのでは考えました。

 

せっかく時間に余裕ができたのでと、免許を取りに自動車学校に通う時間にしていました。また同居している妹の娘が三人いたので、他の大人が働きに出ている時間、家にニートがいて子供たちの面倒を見れる体制になったのは、逆に少し歓迎されていた感じもあります。

 

家にいる間は洗濯や掃除、皿洗い、夕飯の手伝いなどの家事をして過ごしました。販売業時は休みが合わなかった友人に会いに行く事もでき、無事に免許も取得できたので、結果として充実したニート期間だったと今は思います。

ニート期間中は実家暮らしでゲーム三昧

ニート当時は実家住まいで、食費や生活費はかからない環境でした。失業保険が出ている期間だったため、その費用の一部を家に入れたり、個人的な買い物や借金返済に充てていました。

 

借金があったため貯金はゼロでした。当時はMMORPGのネットゲームにハマっており、キャラクターを強くするための課金に月千円~五千円程度。

 

またゲームセンターの音楽ゲームやクイズゲームも好きだったのでこちらでも月五千円~一万円以上使っていました。

 

MMORPGのゲームをパソコンで何気なく始めたところハマってしまい、一日二時間以上はいつもログインして遊んでいました。

 

キャラクターを何体も作ってそれぞれ育成するのが面白く、ゲーム内で一緒に遊んでくれる人も出来たため、夜の時間はひたすらMMOに打ち込んでいました。

 

ゲームセンターの音楽ゲームやクイズゲームも好きで、ニートになって時間ができたため、日中からゲームセンターに足を運んで連続してプレイしたりするようにもなりました。

 

MMOと合わせると、一日五時間以上はゲームをしていた日もありました。この他にもニンテンドーDSのRPGゲームや、PSPでもゲームを遊んでいたことまであり、今思い返すとちょっと遊びすぎだったのでは……とも感じます。

 

趣味でイラストや小説をかくこともあり、遊んだゲームに着想を得て思いついた作品をパソコンで執筆したりしていました。

 

作品を掲載するためのホームページもあり、HTMLをいじるのも好きなので、何時間も熱中してサイトに手を入れていることもありました。

 

またサイトに来てくれた来訪者の方とチャットに入り浸ることもあり、ネットにいる時間は仕事をしていた時より割り増しで長かったです。

 

ニート期間はひたすら趣味方面は充実しており、この時に楽しんで身に着けたHTML知識などは現在も役立っています。遊んでいたゲーム自体はサービス終了してしまいましたが、ゲームを介して出会った方々との交流も続いています。

ニートの方にオススメなのはソーシャルゲーム

面白そうだと感じたものは、スマホなど遊べる環境が整っていれば、生活に悪影響が出ない範囲で飽きるまでやってみていいと思います。

 

ソーシャルゲームはいつかサービス終了がきて遊べなくなってしまいますが、あの時遊んでいて楽しかった、という思い出は後々まで大事なものとして残るからです。

 

ただし、一緒に遊ぶ相手を上手に選ばないとトラブルの元になるので注意が必要です。ゲームが好きなら、ネットの無料サービスでプログラミングやWeb構築スキルなどを学んでみるのも良いです。

 

実際に私も少しずつ履修中です。それが在宅で仕事を請けるフリーランスとしての稼ぎに繋がるかもしれません。

 

また、スマホで綺麗に写真を撮ることができれば、Webライターとしての仕事にも役に立ちます。何ごとも出来ないより少しでも出来たほうがいいので、興味のある事は色々と手をつけて学んでみるとよいです。

 

鉄道・家電・IT・音楽・映画・家事育児など、自分が好きだったり日常的に携わっているものから今後新しい仕事への道が開ける可能性があります。

 

この先どうやって収入を得るかを考えるのに、ニート期間は大事かつ有効です。精神的に苦しくなると前向きに行動するのが難しくなるので、時々体も動かして、自分を健やかに保ちながら人生を充実させていきましょう。

この人の意見はどう思いますか?評価して?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です