ニート中にマッチングアプリで知り合い結婚した30代男性の体験談 まだ評価がありません

私は今、現在40歳の男性会社員です。以前までは長い間ニートをしていおり、やっと最近になってニートから脱却し働き始めました。

 

働いているところは近所の鉄工所です。毎日朝から夕方までですがコツコツと働くようになりました。

 

それによって、それも彼女ができ、そして結婚するに至りました。やはり職場は今でも苦手ですが毎日家族のためにと働いています。

ニートになったきっかけは仕事をする気がなくなったこと

私は学生の頃から正直あまり働きたくないと言う気持ちがありました。ですので、学生の頃からもアルバイトなどをしていても毎日とは入らず、週に2~3回ほどしか入っていませんでした。

 

自分で言うのも恥ずかしいのですが、人前に出るのが昔から苦手で、また人に怒られたりすると物凄く気持ちが落ち込むタイプだったのです。

 

ですので、アルバイトやその後社会人になってからも仕事でミスした時には上の人から怒られないかばかりを気にしていました。

 

その為、しだいに更に人から遠ざかるようになっていったように思えます。そして、会社もいくつか転職などを繰り返し人とはあまり深く関わったりしないようにしていました。

 

また、よくある会社での飲み会などもほとんど参加したりしませんでしたが、参加しても二次会などには一切参加したことがありませんでした。

 

ですので、このようなことをしていましたので、周りからもあまり相手にされなくなり私はしだいにニートとなっていきました。

 

お金は必要だから働いてはいましたが、人とはあまり関わりたくないと言う気持ちが徐々に溢れていきました。

 

そして、私は会社をまた辞めることにして、そしてニート生活が始まりました。正直、仕事を辞めたときは気持ちが物凄く楽になりました。

 

明日からもう人の目を気にしなくていいんだと思うと。この時、生活のことよりはそっちの方が優先的に私の頭の中を駆け巡っていました。そしてニートとなりました。

ニート期間中は実家で引きこもり生活

私はニート期間中は実家で両親にお世話になっていました。ですので、正直ほとんど生活費に関しては両親が出してくれていました。

 

時折私は自分の私物などを購入する際には以前に貯金していたお金で買っていました。因みにですが、貯金額はあまりなく50万弱でした。

 

また、私は日頃から喫煙はするのですがお酒などはほとんど飲まないのでそんなにお金を使うことはありませんでした。

 

ただ、貯金額も少なかったので極力お金は使わないようにしていました。お金を使わないためには家から出ないことが一番と思っていました。

 

家にいれば衣食住に困ることありませんでした。食事は母親が用意してくれていますし、飲み物も自分でお湯を沸かしてお茶をつくれば問題ありません。

 

服なんて家から出ないからどんな服でも問題ありません。昔からある服をずっと着まわしていました。

 

時間もあるので毎日スマホで漫画を読んでみたり、動画を見たりしていました。また、ネットゲームを深夜までしていました。

 

昼夜逆転とまでいきませんが、深夜3時くらいに寝て、お昼に起きるという生活を3年くらいしていました。

結婚した相手はマッチングアプリで知り合った女性

私はニートになってからは全く女性とは無縁情態でしたが、たまたま街に少しですが出掛けた時にお店で女性店員さんに声を掛けられたのです。

 

でっ、その時に私は物凄く久々に女性とお話して凄く新鮮な気持ちになったのです。それまでを振り返ってみると私はしばらく長い間、彼女はおろか女性とは話していなかったことを思い出したのです。

 

ですので、私はニートとはいえ女性とはまた話したり、デートなどをしてみたいとこの時思ったのです。

 

そして、私はニートでありながら女性との出会いを求めて出会い系やマッチングアプリなどをまずは始めたのです。

 

友達でもいいから、とりあえずは女性と知り合いたいと思い、とにかく毎日アプリをしては相手を探していました。

 

すると、ようやく何人かの女性と知り合うことができ、まずはメールなどで連絡を取り合ったりしていました。

 

そして、しばらくしてお会いすることになり私は物凄く久々の女性とのデートと言うかお話する機会でしたので緊張していました。

 

すると、いざお会いするとその女性は年上だったのですが、清楚な感じでとても私より年上には見えなかったのでした。

 

私達はとりあえずは近くのカフェがあったのでそのお店に入ることにしたのです。そして、私は久々に女性と色々とお話しをしたのですが緊張していたあまり、あまり上手にも話すことが出来ませんでした。

 

しかし、そんなことを察知してくれたその女性が無理しなくていいよと私に声を掛けてくれたのです。私は本当にありがたかったのです。

結婚したからには仕事をしなくてはと思い脱ニート

私はそのマッチングアプリで知り合った年上の女性と結婚したのですが、私には本当にこの人しかいないと心から思いました。

 

些細な気持ちから女性と知り合いたいと思ったことがきっかけとは言え、このように結婚することになり本当に幸せに思います。

 

その為、さすがに仕事には行かなくてはと思い再び働く決意をしたのです。今まではひとりでしたので働かなくても特には問題なかったのですが、さすがにニートをしていては彼女にもフラれてしまうと思い働く決意をしたのです。

 

勿論、今では迷惑や心配をかけた両親をはじめ、彼女にも心配かけてしまったので職場は未だに苦手なところですが、仕事をして少しでも恩返しがしたいと思っています。

 

今、振り返るとニートをしていたのはやはり一人で自由奔放に生きて来たからだと思います。

 

両親もこんな私のことを心配はしてくれていましたが、無理に働かなくてもよいと言ってくれていた為、私が甘えてしまっていました。

 

しかし、そんな時に今の奥さんと知り合い、そして結婚してからは本当に気持ちが色々と大きく変わりました。

 

こんなニートをしていた私に愛想つかずついてきてくれた奥さんには本当に感謝の言葉しかありません。

 

私が知り合った時にニートをしていることを知りながらも私のことを心配してくれていました。

 

ですので、また私も働こうという気持ちになったのですから。今でも仕事は苦手ながらも、そんな私のことを心配してくれている人達のために頑張っていけてます。

この人の意見はどう思いますか?評価して?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です