ニート歴3年!38歳男性の引きこもり体験談と脱ニートのアドバイス まだ評価がありません

私は38歳の男性で結婚はしていません。今は会社勤めをしており、見た目としては過去に長い間ニートの経験があるようには見えないかもしれません。

 

会社ではごく普通に営業の仕事をしており、世間の一般男性と同じくらいの稼ぎはあると思います。

 

休日になると仕事で溜まってしまったストレスを発散するためにバイクに乗りツーリングを楽しんでいます。

 

40歳目前にしてまだ独身であるという事を除いてはごくごく普通の社会人だと思います。私は3年間ニートをしていました。

 

ニート期間中の毎月の生活費は2万円くらいです。そのお金は全て両親に払ってもらっていました。

 

内訳はスマホの費用に毎月8千円、インターネットなどの費用に1万2千円ほどです。それ以外の費用は食費、光熱費は全て実家にいたので特にかかっていません。

ニートになり引きこもりになった理由は職場でのパワハラ

ニートになり引きこもりになったきっかけは職場でのパワハラでした。それまで勤めていた職場の上司にひどく嫌われてしまい、朝から晩まで上司の暴言を浴びていたのです。

 

それに助長して職場の先輩、同僚、部下も私に暴言を吐くようになりました。周囲の人間からの暴言を録音して法務部にパワハラを訴えました。

 

しかし、完全に会社の上層部に握りつぶされてしまい、逆に録音をすることなど職務怠慢だとして懲戒処分を受けてしまったのです。

 

懲戒処分となったことで、その年から給料は大幅に減額され、またボーナスはほぼカット状態です。その事が原因で私はうつ病になり、長期に渡り働く事が出来なくなりました。

 

医師の診断では職場での上司の恫喝などによってPTSDまで発症してしまったのです。その状態になると完全に外に出る事も出来ません。

 

会社では休職という扱いになりましたがなんとか治療の結果、復職が出来るようになりました。

 

せっかく復職をしたのですから、私は元気に働きたいと考え、会社には違う部署への勤務をお願いしたのですが、その願いは聞き入れてもらえず、またパワハラをする上司のいる部署に戻ったのです。

 

復職後、初めて出社すると相変わらず職場では上司は暴言を吐きます。もう来ないかと思った、という事や、またストレスを発散できる相手が職場に来たので嬉しい気持ちもあるなどと、私だけでなく職場の全員のいる前でそのような事を言うのです。

 

もうその言葉を聞いた途端、私は人間不信になり、こんな社会なら人と関わりたくはないと考えるようになり、即、会社を辞めて家にニートとしてこもるようになりました。

ニート期間中は完全に引きこもり

私のニート期間中の生活は、完全に引きこもり状態でした。とにかく3年もの間、家から一歩も出なかったのです。

 

それも基本的には自分の部屋から全く出ません。部屋から出る時はトイレに行く時くらいです。風呂は冬場であれば一ヶ月に一度入るというレベルです。

 

真夏は流石に自分でも臭うので二週間に一度は入りました。部屋は窓に黒いビニール袋を貼って、外からの光を遮断します。

 

何か光が入ってくると外の社会とつながっているような気がして落ち着きませんでした。食事は両親が部屋まで運んでくれるので、それを食べていました。

 

ただ、どんな料理を食べても美味しいと思った事がありません。出来るなら食事を取らずにこのまま栄養出張になって死んだよ方が良いのではとも思ったくらいです。

 

けれども数日間も何も食べないでいるとさすがにお腹が空いてきてごはんを食べずにはいられなくなりました。

 

おかげでニートで家にこもっている間は、身長が171㎝あるにも関わらず、私の体は骨と皮だけの状態になり、体重は実に45kgほどしかありませんでした。

 

特に運動は全くしなかったので足の細さと言ったら異常な状態でした。そんな生活を送っていたので心配をした両親は精神科に通院をした方が良いのではと言ってきました。

 

けれども私のニートの原因は職場環境にあったので、精神科に通っても別に社会が変わるわけではないので私は効果がないだろうと考えたのです。

 

そんな形でニート生活を送っていましたが、唯一、私と社会を繋いでいるのはスマホとインターネットでした。

 

1日に数回、スマホやパソコンを覗き込み、そこで世の中の動きを確認していたのです。そんな生活が私の場合実に3年も続きました。

ニートや引きこもりを抜け出すには無理に頑張らないことが大切

私は自分がニートになった経験から言うと、ニートになってしまっている人は、無理にニートから抜け出そうとしない方が良いのではと思っています。

 

ニートになる原因はひとぞれぞれですが、どれも実に根が深いものばかりです。その原因を取り除いたり、解決する事は言うほど簡単なものではありません。

 

無理にニートから抜け出そうとすると逆に悪い方向に行ってしまうことも大いに考えられます。

 

そんなことからニートになり、何も解決策が見つからない時は、無理にあがこうとしない方が逆に良いかもしれません。

 

ニートにも度合いはありますが、一つ自分の経験から良かったと思うのは、社会との繋がりだけはどんな形でも良いので持っておいた方が良いという事です。

 

私の場合はスマホであり、ネットでした。そこで何か自分がニートから抜け出せるきっかけをつかめる事があるかもしれません。

 

そんなきっかけとはふいに訪れたりするものなので、一生懸命探していても見つからない場合もあります。

 

けれどもふと覗いたネットのサイトで生きる意味、自分が世の中で何をなすべきかというヒントが隠されている事だって大いにあり得るのです。

 

ニートの人は全く世の中と交流を持たない人がいますが、それですと社会復帰する機会が全くない事になります。

 

自分は社会復帰するつもりなどこれっぽっちもないという人なら良いのですが、多くのニートは心の中に社会復帰をしたいという気持ちは多少なりとも持っていると思います。

 

社会との繋がりはソーシャルゲームなどなんでも良いと思います。それこそ自身が興味が持てるもので十分でしょう。

 

そこでは自分が興味を持てるという事もとても大事です。何かに興味を持っていると得てしてそれが自分を社会に引き戻してくれる原動力になったりもします。

 

ニートになってしまったからと言って、人生、それで終わりだとは限りません。引きこもる時はとことん引きこもり、チャンスを見つけ出したのなら思い切ってそこから飛び出してみる。こんな事も長い人生、アリかもしれません。

脱ニートをした今の目標は結婚相手を見つけたい

私は30代という社会人にとってとても成長著しい貴重な時間の時にニートとなり、人生を大きく狂わしてしまったと考えています。

 

もし、その間にきちんとした人間関係を築き、仕事もしっかりとしていたのなら社会的地位も今のようではなかったと思います。

 

ですので、今後、私がしたい事は私がニートをしていて失ってしまった3年間の時間を取り戻したいという事です。

 

私は幸い、ニートから抜け出すきっかけをつかむ事が出来、保険やファイナンシャルプランニングの資格を取って社会復帰を果たしました。

 

これからはこの分野での経験や見地を大いに広め、社会的に認められる人間になりたいと考えています。

 

また、ニートをして引きこもっている間、大いに両親には迷惑や不安をかけてしまいました。今は両親に親孝行をして幸せになって欲しいと考えています。

 

今はすっかり精神的にも見た目としてもごくごく普通の30代の人間に戻る事が出来ました。何かの話の流れで実は元ニートだったと言うととても驚かれるくらいです。

 

ですので、私は是非、良い相手を見つけて結婚をしたいと考えているのです。できれば結婚をして子供をもうけて両親に孫の顔も見せたいと思います。

 

世の中には私のようなニートがたくさんいますが、彼らに対して機会があれば、ニートの経験を生かしてどのように不安を解消すべきか、どのようにしてニートから抜け出す糸口を見つけ出せばよいのか、そんな事を話したり、伝えられたら良いなと思います。

この人の意見はどう思いますか?評価して?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です