30歳無職!発達障害による就職活動失敗でニートになった男性の働き方 まだ評価がありません

私は30歳の男性で、就職活動の失敗を機にそのままどこにも定職に付けずニートになってしまいました。ニート歴は8年になります。

 

自分の要領が悪さは自覚していたのですが、アルバイトで全く仕事が覚えられずすぐに辞めてしまい、所謂発達障害を疑い精神科を受診したところ予想通り発達障害であることが判明しました。

 

躁鬱と不眠症も患っており、現在も精神科に通院しながらニート生活を送っています。日々の生活費ですが、親と同居しているので家賃はかかりません。

 

また、世帯年収が高く基本的にお金には困らないので生活必需品は全て買ってもらっています。普段の生活はネットばかりしているのでほとんど出費はありません。

 

何か欲しい場合は学生時代に貰っていたお年玉を切り崩しながらなんとかやっていました。しかし最近障害年金の審査が通り、それが一番の収入源となっています。

 

年金は隔月で13万円弱貰っています。年金以外だとライティングの仕事やソーシャルレンディングによる資産運用でちまちまと小金を稼いでいます。

 

ただ、月に1万円も稼げていないので、そんなに多くを稼げいているわけではありません。でも私にとっては貴重な収入源になっています。

ニートになったきっかけは発達障害による就職活動の失敗

大学生の頃一人暮らしをしていたのですが、3年生の頃近づいてくる就職活動への不安やストレスから物音や生活音が気になり不眠症を発症しました。

 

睡眠を満足にとることが出来ず、授業に出席するだけで精一杯となり就職活動など出来る余裕がありませんでした。

 

結果的に単位不足で卒業が出来ず除籍となり、以後も定職につかずにニートになりました。最初のうちは親も働けと言い、それが鬱陶しくて嫌々アルバイトを始めました。

 

しかし、不眠症で上手く早寝早起きが出来ないのと、仕事が全く覚えられないことから1ヶ月半ですぐに辞めました。

 

その時、巷で話題になっていたADHDや発達障害に自分も当てはまるのではないかと疑うようになり、本格的な不眠症の治療を兼ねて精神科に受診したところ広汎性発達障害であると診断されました。

 

不眠症、躁鬱、広汎性発達障害を患った私のような人間は普通に雇用される形で働くのは絶対に無理だと悟り、もう何があろうと働かないと決意しました。

 

数年前は親の愚痴や叱責もありましたが、もうしょうがないことだと親も悟ったのか今では何も言われなくなりました。

 

幸いなことに父親の年収は高く、再雇用で還暦を超えた今も働いており経済的には困っていないのでニートであることを許容されている状態です。

 

障害年金の取得により経済的な余裕も生まれ、ずっとネットで遊んでばかりいた昔と比べ今はウェブで収入を得てなるべく非生産的な日々を過ごさないよう心がけるようになっりました。

ニートをしながらネットで稼げる方法を探しました

長いニート期間で私も様々変わりました。まず初期の私はインターネットばかりしており、とりわけツイッターが好きで常にやっていました。

 

これがお金もかからず無限に時間を潰せるため、最高の娯楽であり暇潰しでした。やはりお金が無く、ニートの立場でお小遣いを貰うことは出来ないためお金は学生時代に大切に貯めておいたお年玉の残りだけが頼りでした。

 

お金が無く不便で面白みも無く、惨めではありましたがインターネットがあればそれなりに娯楽性のある生活を送っていました。

 

ニートを続けるうちに、雇用される形以外で何か金を稼ぐ手段は無いかと考えた結果、ウェブライターという可能性に行き着きました。

 

ネットメディアの専属ライターの募集を見つけ応募したこともありました、それは不採用に終わりましたが、最終面接までこぎつけたのは自分には文章力があると自信に繋がりました。

 

その面接で不採用になってから、他の選択肢が見つからずまたしばらくニートをしていました。障害年金が取得出来たのはこの面接に落ちてからおよそ1年後の話です。

 

障害年金が貰えるようになってからはそのお金で旅行に沢山行くようになりました。無趣味な私は物欲が全く無く金の使い道が旅行くらいしか無いためです。

 

しばらく旅行を楽しみ、段々と何か生産性のあることもしなければいけないと思うようになりました。そこで次に考えたのはウェブ収入です。

 

今時は工夫すればネットで稼ぐ手段がいくらでもありますので、調べた結果ネットでのライティングとGoogle AdSenseによるブログのウェブ収入が自分にも出来そうだと狙いをつけました。

 

結果クラウドソーシングも少額ではありますが稼げるようになりましたし、Google AdSenseの審査にも無事合格しました。

 

今は月に1回程度旅行をする傍らで、ネットライティングの作業とブログを書くことで収入を得られるようになりました。

 

次はソーシャルレンディングで資産運用も考えています。ずっと自堕落な生活を送ってきましたが、今では働けないなりに随分と頑張っていると思っています。

ニートでも稼ぐ方法がネットにはたくさんある

世の中全ての人が社会的に成功するわけではありません。人間どうしても格差や能力の違いがあるので、上手く働いて生きていくことが出来る人間もいる一方で私のように働く能力が低いため働けずニートになったり、社会保障に頼らざるを得ない人間もいます。

 

かつての私のように、ニートだとインターネットくらいしか娯楽が無く毎日非生産的な日常を過ごしている方もいると思います。

 

しかし、意外とネットで稼ぐ手段というのは豊富にあるので、一念発起してネットで稼ぐことを目標に出来ると日々に潤いが生まれます。

 

ニートは自由時間が十分にあるのですから、どうせ働く気がないのなら是非ともネットで収入を得ることを考えることをおすすめします。

 

基本的にニートはインターネットが大好きな人間が多いでしょうし、やる気さえあれば絶対に出来るはずです。

 

私自身も非生産的で自堕落な日々を長く過ごしましたが、一度ネットで稼ぐということを覚えると夢中になれるものです。

 

大抵のニートは2chやツイッターに入り浸ったり、アニメを沢山見たりする人が多いと思われます。もちろんそれは適度に楽しむ分には良いと思いますが、それが何も生み出さない非生産的な行為だということを自覚するべきでしょう。

 

私はツイッターが好きでしたが、ツイッターはどれだけツイートしても金を生み出さないのに対し、ブログは広告収入を得られます。

 

だからブログを書いた方がいいのではないかと思い立ちアドセンスアカウントを取得し、今ツイッターではなくブログの執筆活動をメインに行っています。

 

このように生産性が全てではないかもしれませんが、どうせインターネットをするなら何かマネタイズが出来ることを考えると、意外とそれまでの行動が無意味で馬鹿馬鹿しいことだったと思える日が来るかもしれません。

 

誰にでもネットで稼げる可能性はあります。ですので少しでも可能性を模索し、収入ゼロを脱却してほしいと願っています。

脱ニートをして貯金を貯めて海外旅行に行くことが目標

現在の私の貯蓄額は障害年金のおかげで30代の中央値よりはずっと多いです。私はもっとお金を蓄え、最大の趣味である旅行に行ける頻度を増やすことが何よりの目標です。

 

私の収入源は障害年金、ネットライティング、アドセンスブログ、ソーシャルレンディングによる資産運用の4つです。

 

年金の額は変えられません、むしろこれから徐々に減っていくでしょう。だから年金以外の収入源を確保し、減っていく年金の穴埋めをどうするかを常に考えています。

 

そして今後やりたいことは海外旅行です。現在国内旅行にかなりの頻度で行っていますが、海外旅行は人生で行ったことがありません。

 

国内旅行に比べてどうしてもお金もかかるし準備が大変ですので、今までずっと避けてきました。

 

しかし、国内は散々行き尽くしてそろそろ行きたいところが無くなってきたのでもうそろそろ海外に行ってみようかと考えています。

 

今の時点でも海外旅行をするだけの資金は十分にありますが、結構なお金が飛んでいくことを考えればやはり貯蓄は増やしておくに越したことはありません。

 

今の時点でも私は旅行に行く頻度は多い方ですが、それを更に増やしたいです。国内旅行の頻度も変えず、寧ろ増やし、それでいて海外旅行も年に数回は行けるくらいにはお金に余裕が持てるようになりたいです。

 

今の私は様々な障害を抱えている一方で趣味や人生を満喫しており割と充実しています。ブログのアクセスも伸びてきましたし、これからもブログの収入は増加が見込めます。

 

それに、まだまだウェブ収入は増やせる見込みがあるので、これからも更に稼げるようになりたいです。

この人の意見はどう思いますか?評価して?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です