29歳女性がニート期間中にSNSで知り合った男性と結婚した体験談 まだ評価がありません

私は32歳の女性で現在専業主婦をしています。子どもは2人居て、15歳ほど離れた旦那と4人家族で関西に在住しています。

 

結婚を機に東北、中部、関西などを転勤で経験しました。出産などと重なったのでとても大変でしたが、子育てを通して自分が成長しているのを実感しました。

 

結婚する前のニート期間は2年間です。実家でニート生活をして居ました。結婚したことでニートを脱することができました。

ニートになったきっかけは職場環境による精神疾患

大学を卒業して働きだしてから、精神的に追い詰められて会社を辞めてしまいました。働くのに向いている方ではないな、とは自分でも思っていました。

 

でもこんなに自分がダメだとは思いませんでした。ミスを連発して怒られることがかなりあり、うまくいかないスパイラルに陥ってしまってから、どんどん病んでしまいました。

 

その結果、一生治療が必要な精神病にかかってしまい、かなりドン底まで堕ちました。実家に帰って来ればいいよ、と言ってくれる親だったのでそこからニート生活に入りました。

 

療養のつもりで休んでいたら、だらだらとニートをするはめになり、2年間くらいずっと働かずに家に居ました。

 

何度か働こうかと思ったことはあったのですが、またミスをしたらどうしよう、また同じことになったらどうしよう、という思いが頭から離れず、どうしようもない気持ちのまま、ズルズルと2年もニートをして居ました。

 

病院に通いながら、自分に適した仕事に就くことも考えましたが恐怖の方が勝ってしまってうまくいきませんでした。

 

また、実家がすごく居心地がよかったので、ここから出ていくという気持ちが湧かなかったのも原因かもしれません。

 

もう少し居心地が悪かったら、何とか頑張ってここから出たいという思いから働いたかもしれないな、と思いました。

 

通院先の先生はちょっとずつでも外に出たり社会との関わりを持つことをすすめてくれていたので、2年のうちの後半は割りと外に出ていたような気がします。

 

結婚したのはそのお陰もありました。外に出ないことには結婚も出来ませんし、それはよかったと思っています。

ニート期間中の生活は実家で趣味に没頭

ニート期間中は親と同居していたので、生活費はそこまでかかっていない感じでした。家賃がかからないというのは大きかったと思います。

 

食費とたまに遊ぶお小遣いのようなものも親から貰っていました。合計で5万くらいでしょうか。

 

貯金はほとんどありませんでした。10万円切ってたと思います。ゲームは好きでしたが、そこまでお金をつぎ込む感じではありませんでした。

 

一番お金をかけたのはファッションに関してだと思います。フリマアプリで服を売り買いするのにハマっていたので、毎月2万円はそれに使っていました。

 

ニートなのに服なんてと思うかもしれませんが、私にとってはファッションのおかげで精神的にも安定することができました。

 

また、ファッションを通して旦那様と知り合うことができ、結婚することができました。趣味というのは大切だなと本当に実感しました。

ニート期間中に結婚した相手とはSNSで知り合った

ずっと2年間もニートだったので、前半1年間はほぼ引きこもり状態でした。出会いも何もないのですが、引きこもりでも人との交流を持てる唯一のツールがネットです。

 

ネットなら外に出なくても人の交流を持てるので、最初はネットでやり取りしていました。友達を作る掲示板のようなマッチングアプリで募集したら、すぐ男性と知り合うことが出来ました。

 

しばらくはそこで色々な男性と友達になってやり取りをして居ました。ずっと付き合っていた彼氏とはニートになる直前くらいに別れたのでフリーでした。

 

たまにそこで出会った人と遊んだりして、寂しさを紛らわしていたところもありました。暫くそんなことをしながらニートをしていたのですが、ある時からアホらしくなって一切そこの掲示板を辞めてしまいました。

 

精神病が悪化したせいもあるかもしれませんが、出会い目的の人と会うことに疲れてきたのかもしれません。

 

そこで、自分の趣味であるファッションのことでTwitterでやり取りをしていた人と会うことになりました。

 

Twitterでは特に飾ることのない自分を表現することが出来て、すごく楽でした。働いていない人も沢山居るので、ニートをしているのがマイナスにならない環境というのもすごくよかったです。

 

ファッション関連で知り合ったその人は、私がニートであることを気にすることもなく、同じ趣味の話や私の置かれた状況や境遇を理解してくれました。

 

とても話しやすく、優しい人でどんどん好きになっている自分が居ました。相手も同じ気持ちで居てくれたら、と思っていたら、2回目に遊んだときになんとプロポーズしてくれたのです。

 

すごく驚きましたが、嬉しかったです。すぐにOKをして、そのあとはトントン拍子で結婚まですすみました。

ニートから専業主婦になり精神的にも安定

結婚してニートの頃と変わったことは、子どもが出来て毎日がとても忙しくなったことでしょうか。

 

結婚してすぐ妊娠して子育てが始まったので、落ち着いて二人で何かするという暇はあまりなかったように思います。

 

それでも毎日とても楽しい日々でした。ニートのときは働いていない人、というレッテルのようなものがとても負担に感じていました。

 

でも、主婦になって子育てをするようになってから、自分の役割のようなものを与えてもらった気持ちになりました。

 

また、子どもはとても可愛いもので、自分は子どもをあまり好きではないと思っていたのが、こんなに子どもを可愛いと思う自分が居るなんて驚きでした。

 

精神病になってしまって、子どもを産んで育てることには不安がありましたが、先生と相談しながら治療を続けて子どもを持ってみると、とても精神的に安定しました。

 

旦那様のサポートもありましたが、子どもが自分を成長させてくれた部分が大きかったと思います。

 

それは今でも日々感じることですが、ニートをやって社会との関わりを断っていた頃よりもずっと自分らしく生きられているような気がします。

 

理解のある旦那様と子どもに恵まれて幸せに生活できて、今はとても落ち着いています。治療も継続して行っていますが、ほとんど症状は出ていません。

 

専業主婦をやらせてもらっているのはとてもありがたいし、こどもたちと沢山触れ合える時間が何よりも楽しい時間になりました。

 

ずっとどうしようもない気持ちでいたのが、こんな幸せな生活が出来て、今は満足しています。結婚してよかったです。

この人の意見はどう思いますか?評価して?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です