うつ病になりニートになった29歳男性のオススメのゲームを紹介 まだ評価がありません

私は現在29歳の実家住み独身男フリーターです。2015年に務めていたIT企業を退職し、その後2017年の夏頃まで実家で何もせずニート生活を送っていました。

 

大学を卒業後、新卒入社したIT企業を退職後ニートになり、現在も正社員には戻れていません。

 

人生の選択肢をことごとく間違え続けて、一度は自殺を考えるほどの状態にまで陥りましたが、今は開き直って元気に毎日を送っています。

ニートになったのはうつ病が原因

ニートになる前は大学を卒業後に新卒入社したIT企業で社内SEをやっていました。入社してすぐは問題なく働くことができていました。

 

しかし、上司からの叱責や同期入社した社員との実力の差、通勤のストレスや人間関係がうまくいかない等、社会人生活の全てにおいてうまく歯車が噛み合っていないような感覚がずっと続いていました。

 

そのうちに急激に体調を崩し、高熱と嘔吐が止まらなくなり、有給を使って病院に行きました。

 

その際は急性腸炎だと診断されたのですが、体調が回復してからも精神的に非常に不安定で、どうしても仕事に復帰することが難しい状況でした。

 

精神的にまともな状態ではないという自覚がありましたので試しに心療内科に通院してみると、すぐにうつ病だと診断されました。

 

その後人事と相談した結果休職し、自宅療養をすることになりました。心療内科に通いながら自宅療養を続けていましたが一向に精神状態は回復せず、休職期間が社内規定の三ヶ月を超えてしまい、そのまま自主都合退職をすることになりました。

 

幸いなことに会社で入っていた任意保険の保険金支給が退職後三年まではもらえる事になっていたので、退職後も毎月15万円支給してもらっていましたので生活費に困ることはありませんでした。

 

逆にそれが社会復帰を妨げる要因になっていたと今になっては思いますが、とにかく自堕落でどう仕様もない生活を無職になってからは送っていました。

 

外に出ることも全くなくなり、自室にこもってPCに齧りつく毎日を送っていくうちに、いつの間にか世間一般で言うところのニートと言う状態の人間になっていました。

ニート期間中はゲームと飲酒の日々

ニート期間中は会社員時代に入っていた保険会社からの傷病手当(のようなもの)の支給がありましたので、毎月15万円が口座に振り込まれていました。

 

ですので、毎月生活費として7万円を親に渡し、残りは貯金とその他の生活必需品や食費、趣味のゲームソフトなどを通販で購入することに使っていました。

 

あとは当時はオンラインゲームの「黒い砂漠」と「PSO2」をプレイしており、毎月1万円程の課金も行っていました。残ったお金は貯金に回していました。

 

ニート期間中は動画鑑賞をしていました。ニコニコ動画やyoutubeの動画をひたすらに見続けていました。

 

特にニコニコ動画では「例のアレ」と呼ばれるジャンルの動画ばかり見ていました。病院から処方された精神安定剤とアルコールを摂取しながらくだらない動画を見る毎日でした。

 

このままでは腐ってしまうと思いながらも、毎月一定の収入は入ってきていたので抜け出すことができず、どうしようもなく気楽で楽しい日々でした。

 

あとはPCでできる無料のオンラインゲームにハマっていました。具体的なタイトルとしては「PSO2」と「黒い砂漠」をプレイしていました。あとはILLUSIONの「ハニーセレクト」にもハマっていました。

 

それぞれのゲームの共通点としては「キャラクターメイクができること」でした。とにかく3Dのキャラクターの造形を弄る作業が楽しくて、一日12時間以上キャラメイクをするような日もよくありました。おかげで視力がだいぶ落ちた気がします。

 

他にハマった趣味としては飲酒ですね。心療内科で処方される睡眠薬や精神安定剤とは決して併用してはいけないと言われてはいたのですが、少しぐらいなら大丈夫だろうと同時に摂取してみたところすごい酩酊感と多幸感に体が包まれる感覚がありました。

 

脳内の快感物質が過剰に分泌されるような感覚で、してはいけないと思いつつも繰り返して行っていました。

 

現在ではその後遺症(記憶力の低下や依存症)に悩まされていますので、医者の言うことは本当に聞くべきだなぁと今になって反省しております。

ニートの方にオススメしたいゲーム

まず言えるのは健康を保つことが重要だと思うので、「筋トレ」がおすすめですね。部屋の中でも腕立て伏せや腹筋運動、スクワットなんかはできますので是非やってみて欲しいです。

 

あとは柔軟とラジオ体操、ヨガなんかもイイんじゃないでしょうか。なぜこんなフィジカルを使った趣味ばかりを薦めるのかと思われかもしれません。

 

しかし、ニート生活を二年間送ってきた私だからこそわかるのですが、とにかく体がなまってしまうと何もする気力がなくなっていきます。

 

性欲もどんどん落ちていきますし、悪ければそのうちにインポテンツになってしまう恐れもあります。

 

男性で性機能の衰えを実感したときのショックというのは言葉では言い表せないほど大きなものがあります。

 

しかも元の状態に戻すというのは中々容易ではありません。まだ若いニートの方で健康に気を使っている人はあまりいないと思いますが、自堕落な生活を送っていると30代を超えた辺りからすごいしっぺ返しを喰らいます。

 

とにかく後悔するので健康には気をつけて、夜更かしなどはしないように注意して生活することをおすすめします。

 

徹夜ばかりを繰り返していると髪の毛の量もすごい勢いで少なくなっていきますからね。毛量を回復されるためにはとんでもない金額がかかってきますから、性機能以上に気を使うべきではないかと思います。

 

次にオススメしたいのは「黒い砂漠」というオンラインゲームです。狩りとキャラメイクが結構充実してい遊べます。

 

生活コンテンツには少し不満がありますし、開発が若干方向性を見失っている感があり、最近はちょっと過疎気味になってきましたが…。

 

ただ、そろそろ新種族も実装予定ですし、無課金でライトに楽しめるオンラインゲームとしては中々おすすめできる作品だと思います。

この人の意見はどう思いますか?評価して?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です